3レベルPWM D級アンプの基板設計

3レベルPWM D級アンプのEAGLEによる基板設計です。

フルブリッジで部品点数も多いため、

10cmx8cmの両面基板に納めるのはかなり大変です。

部品面のベタパターンは+-5V, 12V(-50V基準)の電源とパワーグランドで埋めています。

半田面のベタパターンは+-50V電源とシグナルグランドで埋めています。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください